会社情報:このウェブサイト(www.invesacapital.com/)はImermarket (PTY) LTD ex Xenium Financial Managers (PTY) Limitedが運営しています。南アフリカ投資会社は、南アフリカ金融セクター行動機構(FSCA)からライセンス番号640で認可および規制を受けて、仲介サービスを提供しています。Imermarket (PTY) LTDの所在地は2F, Rivonia Village, Cnr Mutual Road & Rivonia Boulevard, Rivonia, 2191 Johannesburg, South Africaです。

Imermarket (PTY) LTDは、「InvesaCapital」ブランドを所有・運営しています。

Imermarket (PTY) LTDとOBR Investments Limitedは同じ企業グループに属しています。OBR Investments Limited, 161 Makarios III Avenue,3027, 6th Floor,Akapnitis Court, Limassol, Cyprusは、キプロス証券取引委員会の規制下にあり、CIFライセンス番号は217/13である。

SkrillとNETELLERの取引はIMERMARKET (PTY) LTD.が行っています。

リスク警告差金決済取引(以下「CFD」)は、投機的な性格を持つ複雑な金融商品であり、その取引は資本の損失という大きなリスクを伴います。限界商品であるCFDの取引は、お客様の全残高を損失する可能性があります。CFDにおけるレバレッジは、お客様に有利にも不利にも働く可能性があることを忘れないでください。CFDトレーダーは原資産を所有しておらず、また原資産に対するいかなる権利も持っていません。CFDの取引はすべての投資家に適しているわけではありません。過去の実績は、将来の結果を示す信頼できる指標ではありません。将来の予測は、将来のパフォーマンスの信頼できる指標を構成するものではありません。取引を決定する前に、投資目的、経験のレベルおよびリスク許容度を慎重に検討する必要があります。損失覚悟以上の金額を預けるべきではありません。想定される商品に関連するリスクを十分に理解し、必要であれば、独立した助言を求めるようにしてください。当社の リスク開示資料をお読みください。

地域の制限Imermarket (PTY) LTDは、欧州経済領域内、および米国、ブリティッシュ・コロンビア州、カナダ、その他の地域などの特定の管轄区域内ではサービスを提供していません。

Imermarket (PTY) LTDは、金融商品の取得、保有または処分に関するアドバイス、推奨または意見を発行しません。

Imermarket (PTY) LTDは、ファイナンシャル・アドバイザーではありません。

テクニカル分析およびファンダメンタル分析

ファンダメンタル分析とテクニカル分析は、金融マーケットにアプローチし、資産価格が動く方向を予測する2つの異なる考え方の学派です。両者は全く異なるアプローチであり、多くのトレーダーがどちらかの流派を支持していますが、マーケットを予測する上で両者を組み合わせることでより高い成果を上げることも可能です。このページを読み進めると、ファンダメンタル分析とテクニカル分析をどのように組み合わせればよいのか、いくつかのアイデアが得られるかもしれません。

ファンダメンタル分析とは?

ファンダメンタル分析は、資産の本質的な価値を決定することに関係しています。最もよく使用されるのは株式ですが、他の資産クラスでも使用することができます。ファンダメンタル分析を使用する場合、トレーダーは、経済発展や成長、地政学、業界内の状況といった大局的な状況を考えます。また、特定の企業の財務力や経営陣の強さなど、より細かい部分にも目を向けます。ファンダメンタルアナリストは、製品、商品、または資産に対する需要と供給の強さを判断しようとします。また、個々の企業に関連する収益、負債、資産、経費を調べます。

テクニカル分析とは?

テクニカル分析は、トレーダーが統計的な傾向に基づいて資産の値動きを予測しようとするもので、ファンダメンタル分析とは大きく異なっています。これは主に、株式やその他の資産の価格と取引量の研究を通じて行われます。テクニカルアナリストは、すべてのファンダメンタルデータとニュースはすでに知られており、そのため価格にすでに織り込まれているという前提で仕事をします。つまり、ファンダメンタルは無視してもよいということです。その代わり、テクニカルアナリストは、資産価格のパターンを探して、価格が将来どこに行く可能性があるかを判断します。これらのパターンによって、資産価格の過去の動きに基づいて、または資産の背後にあるマーケット心理の兆候として、予測値を提供することが可能です。

ファンダメンタル分析とテクニカル分析の違いについて

ファンダメンタル分析とテクニカル分析の基本的な違いは、どのような要因で資産価格が決定されるかということに尽きます。ファンダメンタル分析では、経済政策、業界動向、企業の財務的な強さなど、あらゆる外部要因を考慮します。ファンダメンタルアナリストは、これらすべての要因、それらが現在の資産価格にどのように影響するか、そしてこれらの要因に基づく資産の真の価値は何であるかを考えています。

テクニカル分析は、資産の値動きとその背後にある歴史的なパターンと統計に最も関心を寄せています。テクニカル分析が使用する価格アクションとパターンの有効性は、しばしばマーケット心理に基づいたものであるため、テクニカル分析はある程度トレーダーの心理に関係しています。テクニカルアナリストは、価格と出来高のデータにのみ関心を持ちます。

それぞれのメリットとは?

ファンダメンタル分析には、現在の資産価格を考慮することなく、事業資産の真の価値に厳密に焦点を当てるという利点があります。この方法は、長期投資に適しています。リスクを管理し、資産配分を決定するのに役立ちます。また、長期的に見ると、ファンダメンタル分析による判断が最も正しい確率が高い傾向にあります。

テクニカル分析は、資産やマーケットを迅速に分析することができ、価格に焦点を当てているため、目標株価を決定するのに非常に効果的に使用することができます。また、テクニカル分析は、短期的な値動きを最も効果的に見極めることができるため、短期トレーダーにとって最も有効な手法です。マーケットのセンチメント、マーケット心理、需要と供給は、価格チャートによって見ることができます。

それぞれのリスクは?

ファンダメンタル分析の最大の欠点は、分析に時間がかかることです。また、どのトレーダーも同じ情報にアクセスできるため、ファンダメンタル分析で優位に立つことは困難です。また、ファンダメンタル分析は、マーケットの短期的な動きについて何かを発見することは非常に苦手です。

テクニカル分析に関する不満の一つは、それがかなり主観的であることです。同じチャートを見ていても、二人のアナリストが全く異なる結論を出すことがよくあります。また、分析ツールが多すぎるため、テクニカルトレーダーが分析に迷う状態に陥ることも珍しくありません。

リスクに関する警告

FX/CFD取引は、原マーケットの変動により、お客様の資本に対して高いレベルのリスクを伴います。これらの商品は、すべての投資家に適しているわけではありません。したがって、お客様はリスクを確実に理解し、独立した適切なライセンスを持つファイナンシャル・アドバイザーからアドバイスを受ける必要があります。

% 完了

支払い方法
再度入金を行うには、まずアカウントの確認が必要です。
お客様のファイルは拒否されました。カスタマーサポートにご連絡ください。
何でも

${UserName} 様、

このアクションは、デモ口座では利用できません。
ライブ口座に切り替え、資金を追加して取引を開始します。

アカウントへの入金

このセクションはお客様専用です。ログインまたは登録してください。