会社情報:このウェブサイト(www.invesacapital.com/)はImermarket (PTY) LTD ex Xenium Financial Managers (PTY) Limitedが運営しています。南アフリカ投資会社は、南アフリカ金融セクター行動機構(FSCA)からライセンス番号640で認可および規制を受けて、仲介サービスを提供しています。Imermarket (PTY) LTDの所在地は2F, Rivonia Village, Cnr Mutual Road & Rivonia Boulevard, Rivonia, 2191 Johannesburg, South Africaです。

Imermarket (PTY) LTDは、「InvesaCapital」ブランドを所有・運営しています。

Imermarket (PTY) LTDとOBR Investments Limitedは同じ企業グループに属しています。OBR Investments Limited, 161 Makarios III Avenue,3027, 6th Floor,Akapnitis Court, Limassol, Cyprusは、キプロス証券取引委員会の規制下にあり、CIFライセンス番号は217/13である。

SkrillとNETELLERの取引はIMERMARKET (PTY) LTD.が行っています。

リスク警告差金決済取引(以下「CFD」)は、投機的な性格を持つ複雑な金融商品であり、その取引は資本の損失という大きなリスクを伴います。限界商品であるCFDの取引は、お客様の全残高を損失する可能性があります。CFDにおけるレバレッジは、お客様に有利にも不利にも働く可能性があることを忘れないでください。CFDトレーダーは原資産を所有しておらず、また原資産に対するいかなる権利も持っていません。CFDの取引はすべての投資家に適しているわけではありません。過去の実績は、将来の結果を示す信頼できる指標ではありません。将来の予測は、将来のパフォーマンスの信頼できる指標を構成するものではありません。取引を決定する前に、投資目的、経験のレベルおよびリスク許容度を慎重に検討する必要があります。損失覚悟以上の金額を預けるべきではありません。想定される商品に関連するリスクを十分に理解し、必要であれば、独立した助言を求めるようにしてください。当社の リスク開示資料をお読みください。

地域の制限Imermarket (PTY) LTDは、欧州経済領域内、および米国、ブリティッシュ・コロンビア州、カナダ、その他の地域などの特定の管轄区域内ではサービスを提供していません。

Imermarket (PTY) LTDは、金融商品の取得、保有または処分に関するアドバイス、推奨または意見を発行しません。

Imermarket (PTY) LTDは、ファイナンシャル・アドバイザーではありません。

商品

コモディティとは?

コモディティとは、同じ種類の他の商品と交換可能な農産物や天然資源のことです。これらは生産のための投入物として使用されることが多く、世界中で自由に取引されています。これは、生産者によって多少の違いはあっても、一般的に生産者が誰であろうと、商品は極めて均一であるためです。コモディティは、通貨、債券、株式、不動産と並んで、主要な金融アセットクラスの一つを構成しています。

人気のコモディティ

コモディティは、ハード・コモディティとソフト・コモディティに分けられます。ハード・コモディティは、通常、地球から抽出され、数量に限りがあります。最も人気のあるハード・コモディティは、ゴールド、銀、原油などです。ソフト・コモディティは、一般に、大豆やトウモロコシのように栽培されるか、豚のように食肉のために飼育される農産物です。

コモディティを取引するには?

コモディティの取引方法はいくつかあり、それぞれにメリットとデメリットがあります。長年にわたり、コモディティを取引する一般的な方法は、先物取引です。これは、1カ月先、あるいは数年先といった将来のある日の商品価格に投機することを含みます。場合によっては、現物の商品を購入することによって、コモディティ取引を行うことも可能です。これは、ゴールドや銀のような貴金属で最も一般的です。また、商品を生産する企業の株式を購入したり、原商品のパフォーマンスに基づくETFや投資信託に投機することで、間接的にコモディティを取引することも可能です。

コモディティ取引の別の方法として、CFDがあります。これは、ブローカーを相手に取引し、商品の価格がどのような方向に向かうかを推測する契約です。つまり、ゴールドのCFDを購入すると、ゴールドの価格が上昇することを推測していることになります。上昇した場合、CFDを売却して利益を得ることができます。しかし、価格が下落した場合、CFDを決済するときに投資額を失うことになります。

貴金属

貴金属は、最も人気のある商品の一つです。ゴールド、銀、パラジウム、プラチナなどが含まれます。銅は工業用金属ですが、銅もこのグループに含まれることがあります。貴金属の投機には、金属そのものの需要と供給だけでなく、米ドルの動き、インフレ、そしてゴールドや銀に関連するすべての地政学的要因の理解も必要です。

エネルギー

エネルギーもまた、非常に人気のある商品の一種です。エネルギーには、原油、ガソリン、天然ガスが含まれます。トレーダーがエネルギー商品を好むのは、それらがトレンド(基調)が非常にわかりやすいからです。また、季節的な性質もあります。例えば、石油や天然ガスの価格は、極端な寒さが予想される冬に上昇することがよくあります。また、夏には休暇を過ごす消費者の需要増を見込んで、ガソリンが上昇することがよくあります。エネルギー商品の多くは中東で産出されるため、中東の地政学的なリスクにも敏感に反応する可能性があります。

取引例

例えば、ゴールドを取引したいと思い、CFDを利用するとします。ここでは、ゴールドがビッド価格$1,821.00、アスク価格$1,821.50で提示されていると仮定します。アスク価格は、ロングの際に支払う金額です。10オンスのゴールドでミニCFDを開くことができ、これは$18,215相当のゴールドを示しています。さらに、20:1のレバレッジを使用するとします。つまり、5%のマージン、$910.75の支払いが生じます。

1週間後にゴールドが1851.50ドルであれば、取引で300ドルの利益を得ますが、ゴールドが1791.50ドルに下落した場合、取引で300ドルの損失を被ることになります。ブローカーは、あなたが契約を保持していた週の金利手数料を取りますが、このシナリオでは、投資に対しておおよそ30%の利益または損失が生じました。

コモディティ取引のメリット

コモディティ取引には多くの利点がありますが、最も頻繁に言及されるのは分散投資です。コモディティは他のほとんどの資産と相関関係がないため、他のマーケットの動きに対して何らかのヘッジを行うことができます。

また、投機家は、強いトレンドの傾向があることや、ボラティリティの高さから、コモディティを好んでいます。この2つは、トレーダーが正しい予測をしたときに、良い取引の機会を提供するのに役立ちますが、時にはこれらの要因がトレーダーにマイナスの影響を与えることがあります。最後に、コモディティの中には、インフレに対する重要なヘッジを提供するものもあり、これは、通貨、債券、株式の価値がインフレによって損なわれているときには歓迎すべきことです。

コモディティ取引のデメリット

レバレッジは、あらゆる商品CFD取引において潜在的な利益を増加させるのと同様に、潜在的な損失も増加させます。このため、レバレッジは諸刃の剣であり、レバレッジを適切に使用しない場合、メリットとデメリットの両方が生じます。

もう一つの欠点は、商品CFDトレーダーを目指す人がよく考えないことですが、商品の動きをうまく予測するために必要なリサーチと知識の量です。マーケットは非常に複雑で、トレーダーが考えもしなかった地政学的なリスクに巻き込まれることも珍しくありません。

リスクに関する警告

FX/CFD取引は、原マーケットの変動により、お客様の資本に対して高いレベルのリスクを伴います。これらの商品は、すべての投資家に適しているわけではありません。したがって、お客様はリスクを確実に理解し、独立した適切なライセンスを持つファイナンシャル・アドバイザーからアドバイスを受ける必要があります。

% 完了

支払い方法
再度入金を行うには、まずアカウントの確認が必要です。
お客様のファイルは拒否されました。カスタマーサポートにご連絡ください。
何でも

${UserName} 様、

このアクションは、デモ口座では利用できません。
ライブ口座に切り替え、資金を追加して取引を開始します。

アカウントへの入金

このセクションはお客様専用です。ログインまたは登録してください。